登録販売者資格試験の難易度は、これは都道府県別でこの試験は実施されていますので、都道府県によって難易度が変わってきます。それは、問題が全国で統一されていなく、都道府県別に問題が異なるためです。とはいっても、資格試験の難易度は、司法試験や司法書士、税理士、行政書士などの難関なものではないです。試験形式もすべて択一式となっていますので、論述などの記述式や実技試験といったものはないので、勉強はしやすいかと思います。試験問題は120問あります。合格ラインは、84問以上を取れば誰でも合格できます。上位何%までしか合格できないといった競争試験ではないので、合格点を取れれば誰もが合格といった絶対試験でありますので、難易度的にはそれほど厳しい数値にはならないかと思います。各々の都道府県の過去に出題された過去問をしっかり解いてテキストを何度も読み込めば、1発合格も夢ではないです。

登録販売者の資格を取るためには

数年前から登録販売者という言葉を聞くようになりましたね。ドラッグストアなどに貼られている求人募集のチラシにも登録販売者募集と書かれていることがあります。どのような資格かチェックしてみましょう。まず、この資格を得るためには試験に合格しなければなりません。試験は各地で行われているので、やる気になれば誰でもチャレンジすることができます。この試験は国家試験ではなく都道府県による試験となります。受験するための資格があるので、まずは資格を満たさなければなりません。薬科大学を卒業している方だけでなく、高校卒業や高校卒業程度認定試験を合格していれば受験資格に当てはまります。学歴に関しては他にも細かい資格があります。ただ、高校を卒業していても実務経験が必要です。実務経験にも細かい規定があるので一度確認してみるといいでしょう。

登録販売者の試験を受けよう

登録販売者の資格を取って医療系の仕事に就きたいという方は、受験資格を満たしているかどうか確認しましょう。規定の実務経験を満たしている必要があり、ドラッグストアなどで働いているという方はチャンスがあります。登録販売者の資格を取るためには都道府県が実施している試験に合格しなければなりません。仕事をしながら受験対策を行う方法としては、スクールに通ったり通信教育があります。通信教育なら自分のペースで学習を進められるので、忙しい主婦にとっても適しているでしょう。学習する範囲は幅が広く、医薬品に関することを総合的に覚えなければなりません。医薬品の効き目や安全性、人体の構造と働き、医薬品の副作用などさまざまな問題が出題されるのです。もちろん薬事関係法規や制度についても覚える必要があります。医療系の仕事に興味がある方にはおすすめです。

資格取得から転職・実務のサポートまで最新情報を届けます。 資格取得の試験対策や求人情報や実務に役立つ知識等をサイト上で公開し、全面的にサポートしています。 このサイトのターゲット層は、登録販売者を目指している方からこれからの方まで。 登録販売者の資格の取得からその後の就職のことまで。 試験傾向の情報や、現職の方向けに求人情報も掲載しております。 登録販売者になるための情報から求人情報まで。 医薬品販売が出来る登録販売者になろう!