メンバーズカードの作成方法

ここでは、メンバーズカードを作る側から覗いてみたいと思います。メンバーズカードの作成方法は、インターネットからの注文が便利です。既製デザインが用意されているので、その中から気に入ったデザインを選びます。テンプレート上の文字やデザインの変更の希望があれば、修正してもらうことも出来ます。オリジナリティを求めるのならば、ここで修正してもらうと良いでしょう。規制デザインではなく、自分で作成したデザインがあるならば、ラフ版をFAXで送信すれば作成してもらえます。他には、イラストソフトを使っているならば、データを入稿するだけで作成してもらうことが可能です。メンバーズカード以外にも、お客様に利用してもらう際の専用の入れ物を用意することも出来ます。専用のカードホルダーなので、ブランド感を持たせることが出来ます。


VIPメンバーズカードの作成

メンバーズカードでも、最も高級感が漂う作りなのがVIPカードです。他には、プラスチックカード、オンデマンドカード、紙製カード(グラカ)などから選べます。基本素材はプラスチック製で、光沢のあるゴールド、シルバー、ブラックの色調から選べます。裏面ではサインパネル加工ができ、書き込み可能な欄を作る為のシール加工を施せます。何ヶ所サインパネル加工をしても料金は変わりません。カードの表面に入れるナンバリング加工については、エンボス(凸)とデボス(フラット)の2種類のタイプから選ぶことが出来ます。更にメンバーズカードに高級感を持たせたいのならば、箔色追加加工がオススメです。箔色は、カードのデザインに合ったゴールド・シルバー・ブラックの3色から選択可能です。この加工を行うと、よりVIP感漂うカードに仕立てることが出来ます。


お得なメンバーズカード

レストランや観光施設などの会計の時「どこそこのメンバーズカードをお持ちですか?」と聞かれる事があります。偶然にも持っていて差し出すと「お会計の金額が変わります」と割引されてビックリした事がありました。すぐに自分の持っているメンバーズカードの特典を調べ、新たに入会する時も特典の確認をするようになりました。そのお店だけで使用できるポイントや割引、幅広くいろんな所で割引してもらえる特典など、それぞれにタイプがあるんだと分かりました。生活に密着したお店ならその店だけの割引で十分、加盟店であればカードにポイントが貯まるのなら、滅多に行かないお店のメンバーズカードでも価値はありますよね。お財布が膨れてしまう難点もありますが、持っているカードを把握して上手に使えばお得な場面に遭遇する事間違いなしだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です